2011年11月28日

男性の化粧品の種類

メンズコスメはまだまだ一般的ではありません。
初めて、男性化粧品選びをする時にもわからないことが多いのです。
男性向け化粧品の種類を説明しましょう。
おおざっぱに分けると普通の化粧品・自然派化粧品・無添加化粧品・医薬部外品です。
なんとなくイメージはわかるでしょうか。
化粧品に限らず、多くの商品には内容物が表示されています。
その中に合成成分・化学成分があれば普通の化粧品です。
ここで言う普通とは自然・天然ではないということです。
無添加化粧品はちょっと曲者です。
何も添加されていないということではないのです。
以前まで指定されていた成分が添加されていないということなのです。
肌に刺激となってしまう合成剤が含まれていないはいいのですが、指定外の防腐剤などが含まれていない保証はないのです。
その判断はメーカーによってまちまちです。
誤解を招く表現ですから最近ではあまり使われなくなっています。
その変わりでしょうか、自然派化粧品と言うものが出てきました。
これは化学成分ではなく天然成分のみで作った化粧品です。
安全性については問題ないと考えていいでしょう。
植物のエキスなどが多く含まれていますね。
それから医薬部外品は他の化粧品とは異なっています。
効能があり、薬としての面が強く意識された化粧品です。
それぞれの使い方は変わりません。
多くの人があまり気にせずに化粧品を使っているかもしれませんが、これからでも遅くありません。
自分が使っている化粧品がどのタイプなのかを知ることです。
時には肌に合わないケースも多いのです。
posted by ko at 16:11 | TrackBack(0) | 男性 化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。